武豊「GII、GIIIレベルならヨーロッパより日本馬の方が上だと思う」

179
1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/09/14(金) 13:02:29.88 ID:lnuxlyZg0
 7月22日、メゾンラフィット競馬場で行われたGIII・メシドール賞(直線、芝1600m)に出走したのはジェニアル(牡4歳、栗東・松永幹夫厩舎)。
同馬は日本では当時まだ500万下条件の身。遠征直前に走っていた1000万下条件では5着に敗れていた。 しかし、フランスではGI連対馬も出走するメンバー構成をモノともせず、見事にこれを勝ってみせたのだ。

 騎乗した武豊の弁によると、レース後のジョッキールームで現地の騎手達に「日本ではどのくらいのレベルの馬なんだ?」と聞かれ、 下級条件である事を伝えると、皆、一様に驚いていたと言う。

 ちなみに同騎手は常々「凱旋門賞などのトップクラスはともかく、GII、GIIIレベルなら日本の方が上だと思う」と語っていた。

 これは実際に2006年に当時1000万下条件のピカレスクコートが同騎手を背にフランスでGII・ダニエルウィルデンシュタイン賞に出走し、2着していた事などからも感じていたのだろう。

「重賞レベルなら日本馬の方が上」海外遠征の変化と武豊が語る評価。
https://number.bunshun.jp/articles/-/831874

続きを読む
Source: うまなみ・競馬にゅーす速報
続きはこちら: 武豊「GII、GIIIレベルならヨーロッパより日本馬の方が上だと思う」

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。