川田将雅、現地紙「日本のエース」が堂々の英国デビュー!

10
1: 2018/07/16(月) 23:49:08.59
 14日、英国へ遠征している川田将雅騎手が、アスコット競馬場で英国デビューを遂げた。

 結果は20頭立ての15着と奮わなかったが、アスコット競馬場の公式Twitterは「日本で1200勝を上げているスター騎手がアスコットに初参戦」と動画付きで紹介するなど、早くも大きな注目を浴びているようだ。  世界各国のビッグレースを勝ち、今や世界トップレベルと認められている日本競馬。

 しかし、こと「日本人騎手」に至っては必ずしもそうではない。今年も世界中のトップジョッキーによって競われるチーム対抗戦『シャーガーC』で、世界選抜のキャプテンとして出場する武豊騎手の他は「ほぼ無名の存在」と述べても決して過言ではないだろう。

 世界の競馬関係者にとって長年、日本競馬といえば「ユタカタケ」である。
それは日本国内の認識も当然似たようなもので、世間一般では競馬といえば「武豊」。日本競馬は長年ずっと、この偉大なるレジェンドの「後継者」を求めて苦しみ続けている。

 だが、そんな”論争”もいよいよ決着の時を迎えようとしているのかもしれない。今回の川田騎手の英国滞在は「ポスト武豊」誕生を期待させるに十分な大きな意義があるからだ。

 例え、日本でそこそこの実績を残しても、異国の地ではあくまで無名。過去にも武豊騎手に続けと、果敢に海外滞在を敢行した騎手もいたが、その大半が騎乗馬すらままならない「武者修行」だった。

 しかし、今回の川田騎手の英国遠征は単なる武者修行では決してない。 れっきとした”オファー”に応じての遠征であり、川田騎手にラブコールを送ったのは、一昨年のドバイシーマクラシック(G1)で日本のドゥラメンテを負かしたことで知られる、世界王者ポストポンドを管理したロジャー・ヴァリアン調教師だ。  今回の英国遠征に至って『英レーシングポスト紙』は、川田騎手を1カ月も前から特集。 ネット上の紙面には、写真付きで「日本のエース」「レジェンド武豊の後継者」と大々的に紹介している。

続きを読む
Source: うまなみ・競馬にゅーす速報
続きはこちら: 川田将雅、現地紙「日本のエース」が堂々の英国デビュー!

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。