重賞初挑戦エルドール自在性出た、国枝師も期待/新潟大賞典|極ウマ・プレミアム

 新潟大賞典(G3、芝2000メートル、9日)でサトノエルドール(牡5、国枝)が重賞初挑戦だ。 前走美浦Sは初ブリンカーが奏功し、好位抜け出しの完勝。これまでは末脚勝負一辺倒のディープインパクト産駒だったが、走りに自在性が出た。国枝師は「中… 
Source: ニッカンスポーツ・コム 極ウマ・プレミアム競馬
続きはこちら: 重賞初挑戦エルドール自在性出た、国枝師も期待/新潟大賞典|極ウマ・プレミアム

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。